小顔になれる整形フェイスリフト

小顔にする整形手術にはいろいろな方法があります。その中で特に人気が高いのが、フェイスリフトです。

医療用の特殊な糸でたるみを引き上げる方法で、耳たぶの縁側などの目に付きにくい皮膚の一部を切除し、皮膚を引き上げることでたるみなどを改善し、小顔効果を得ることができます。 またメスを使って皮膚を切り取ることなく施術することもできます。

フェイスリフトの持続効果は、ほぼ半永久的で、施術後のダウンタイムも短いので手軽に行えるようになってきました。 しかし手軽になったとは言っても整形手術なので、メリットやデメリットもあります。

メリットは、一般的にフェイスリフトはたるみなどの改善効果が高く、ほかの施術方法に比べて手術後の通院なども不要なのがメリットと言われています。 ボトックス注射やプチ整形では得られなかった小顔効果も現れ、見た目年齢も5~10歳は若く見えるようになります。

ただ切るタイプのフェイスリフトの場合、薄い傷跡が残ってしまうことがあります。 また切らないタイプの場合には、効果が低い場合もあり、高額なのもデメリットと言えます。

どちらにしても、ドクターの技術が重要で、希望通りの施術になるかどうかがポイントです。 事前にカウンセリングをしっかりと行い、メリット、デメリットを知った上で施術を受けるかどうかを決めることが大切です。