脂肪に働きかけて小顔になる

小顔になりたいということで、矯正やエステに通ってもなかなか達成できないという方がいます。
これは整体で頭蓋骨のズレを直したり、エステでリンパの流れを促進しても排出されない脂肪がついてしまっているからです。

太りにくいかたというのは代謝が悪いケースが多く、冷たく冷え切った体や顔にセルライトがついて肥大していってしまうことがあります。
こうしたセルライトなどは整体での矯正やエステサロンのトリートメントでは解消されにくい原因となっているのです。

一方美容外科では効果的な小顔矯正を行っています。
切らない脂肪吸引とも呼ばれているメソセラピーは、痩せたいパーツに注入するだけでセルライトなどを乳化させて、脂肪と一緒に体外に排出する効果があります。 従来の吸引法とは違いメスを使わないので、傷跡が残る心配もなくリスクが少ないのでどなたでも安心して施術を受けることができます。

乳化したセルライトは血液の流れに乗って体外に排出されますので、治療を受けたあとにはダウンタイムもなく通常の生活ができる気軽さも魅力です。
フェイスラインをスッキリとさせて小顔になるためにも大変有効な手段です。 美容外科という医療機関での治療ですから安全で確実な効果が期待できます。

顔は脂肪がつきやすく痩身効果が少ない

ダイエットをしてもなかなか達成できないのが顔痩せです。 顔は脂肪がつきやすいパーツでダイエットをしてもなかなか温まることがなく、痩身効果が少ないパーツでもあるのです。 確実に効果を得るためにオススメなのが美容外科での小顔矯正です。

とくにベイザー脂肪吸引は効果の上でも費用の上でも大変有効です。 ベイザー脂肪吸引はニューカレと呼ばれる脂肪吸引をする器具からベイザー波と呼ばれる特殊な波動を出し、脂肪を柔らかく乳化させながら吸引することができるという特徴があり、体に負担をかけることなく、細かくフェイスラインをデザインしながら脂肪吸引することができるという特徴があります。

この美容外科でのベイザー脂肪吸引なら一日で確実な小顔効果がある上に、一度吸引した箇所は痩身効果が続くので、リバウンドが心配なダイエットよりもかなりコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

このベイザー脂肪吸引の費用としては30万円ほどかかりますが、従来の脂肪吸引よりも体に掛かる負担が少なく、細かいフェイスラインのデザインが可能なので大変効果的な手術と言えます。 そのため多くの方が小顔効果を求めてベイザー脂肪吸引の治療を受けているのです。