脇汗を抑えるボトックス注射

液体

しわの改善や小顔を作り出せるボトックス注射には、わきがや多汗症の症状を改善する力が備わっています。わきがや多汗症の原因として、脇の部分にある嫌な臭いの元になるアポクリン汗腺と、脇汗の元であるエクリン汗腺の働きが過剰であることが挙げられますが、この働きを抑制させる効果が、ボトックス注射の薬剤に使われているボツリヌス菌から抽出された成分にあり、脇の下部分に注射するだけで、臭いを抑え、汗の量を少なくすることができます。

ちなみに脇の部分だけでなく、手のひらや足の裏などの多汗症にも有効です。10分程度の施術で済み、メスを使う方法よりも費用が安く済むことも多いことから人気のある施術ですが、わきがや多汗症は再発をしやすいというのがネックです。

ボトックス注射の場合だと半年から1年程度しか持続せず、根本的な解決には至りません。持続時間を長引かせるためには、定期的な施術が必要です。また、重度のわきがにはボトックス注射より、剪除法などの切開手術の方が効果が高くおすすめです。
保険が適用され費用が安く済むこともありますので、治療を受ける医療機関の医師のアドバイスを基に、どちらの方法を利用すべきか判断するようにしたいものです。